ハワイ

ハワイ

旅行先、移住先として日本人に人気のハワイとは、有名なハワイ島、マウイ島、オアフ島など8つの主な島と、100以上の小島からなる、アメリカのハワイ州に属する諸島を指します。
日本との時差は−19時間(ハワイ時間の方が遅れています)です。穏やかな気候、涼しい風、綺麗な景色とのんびりとした時間の流れるハワイは、日本人には定番の海外旅行先です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_7edaUNADJUSTEDNONRAW_thumb_22da

ホノルル

ホノルルは、オアフ島南東部に位置するハワイ州の州都。政治や経済、文化の中心地であるとともに、ホノルル国際空港を中心に、太平洋上の交通の要所となっている。年間を通して平均気温は25度前後、降水量は50mmほど、年間晴天日が約7割ほどあり、安定した天候に恵まれている。世界屈指のリゾート地であるワイキキ・ビーチを抱え、一年中波が穏やかでクリアな海は、海水浴はもちろんシュノーケリングもシーズンを選ばずに楽しめる。ワイキキにはホテルやコンドミニアムが林立し、毎年約635万人もの旅行者が世界各国から訪れている。そのほか、ダイアモンドヘッドやアメリカ最古の中華街、アメリカ唯一の宮殿イオラニ宮殿、アラモアナ・ショッピングセンターなど観光スポットが充実している。

①過ごしやすい気候

ハワイには日本のようにはっきりとした四季はなく、雨季(11月から4月)と乾季(5月から10月)に分かれ、涼しい風がふく過ごしやすく穏やかな気候です。

②親日的

皆さんご存知のように、ハワイは日本人にとって人気の観光や買い物スポットであり、一度行かれた方はその人気の理由がよくわかると思います。
人種差別もなく、親日的な面は、ハワイの魅力の一つです。

③交通機関

オアフ島をほぼ網羅している市バス「ザ・バス」は、どこまで乗っても2ドル25セントと経済的な交通手段。ワイキキから途中で乗り換えが必要なエリアもありますが、ワイキキ乗車時にトランスファーチケットをもらっておけば、次のルートのバスに無料で乗り換えることができます。(乗り換えは2時間以内に1回まで)
よく、「日本語が通じやすい」と言われますが、それは場所によって異なることもありますし、現地の方は客引きのために「コンニチハ!」くらいは言えますが、その後は続きませんので、あまり日本語が通じる!と安心しすぎないようにしてください。

気になる物価ですが、アジアの新興国と比べると比較的高いと言えます。
下記をご参考にされてください。

  • 2Lコカ・コーラペットボトル=$2.49
  • マクドナルド ビックマック= $3.99
  • スターバックスラテ=$2.85
  • タクシー=初乗りから約200mまで$2.25
サブコンテンツ
ReturnTop